誰のためのビジネスか

起業している方、またはこれから起業される方は

誰のためにビジネスを行っていますか?

生活のために働かなくてはいけませんよね。

もちろん自分のためです。

でも自分のためだけと考えてはお客様は来ないでしょう。

ビジネスは自分のためであるけれど、お客様のためでも

あるのです。

お客様が求めていること、悩んでいることに応える

ことで対価としてお金を頂きます。

お金は価値と価値の交換です。

お客様のニーズに合わせたビジネスを行うことによって

自分の生活も成り立つのでWin Winの関係になるのです。

お客様に喜んでいただくために精一杯サポートします。

お客様の喜びが自分の喜びになるのです。

巷の起業塾や起業家はいいことを言って受講生を募集します。

サポートします、と言っていたのに実際は、わからないところを

質問すると「自分で考えろ」と突き放します。

ひどいところは受講期間中にある講師は旅行に行って

フェイスブックに写真をアップしています。

集客やメルマガ登録など一番苦しい時期に弟子に指導を

任せて自分は旅行に行っていました。

これではサポートしているとは言えません。

受講生も心が離れていきます。

自分だけのビジネスになっています。

そんな光景を見て私は全力でお客様をサポートしようと

決めました。

お客様のニーズにあった商品をつくる。

そして全力でサポートする。

それがお客様のためと自分のためのビジネスだと

いえるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました