「知っている」と「できる」の違い

「知っている」と「できる」は似ているようで違います。

「知っている」は、知っている、聞いたことはある、と
思っても解決できません。

行動が伴っていないからです。

一方、「できる」は問題解決ができます。

行動することにより起こった問題を
解決してきているからです。

ノウハウコレクターやセミナージプシーは
「知っている」止まりです。

行動し、問題が発生すると解決する前に
別の手法を探すからです。

知識は増えても解決できることは
少ないです。

できるようになるには、行動するしか
ありません。

やってみたら思っていたほど大変では
なかったことがよくあります。

もし、やってみて失敗して後悔しても
貴重な体験となります。

人にその貴重な体験を伝えることができます。

成功者は誰よりも失敗していると
よく言われます。

誰よりも早く失敗し、改善し、
結果を出すのです。

私も今までうまくいかないことだらけでしたが、
世の中の成功者の方に比べたらまたまだ経験
していなことがたくさんあります。

もっともっと成長したいので
ガンガン行動します。

もちろん失敗はいいものではありません。
怖いと臆病になることもあります。

でも行動しなければ結果が出ないので
行動します。

皆さんもお互い頑張りましょう。

計画→行動→評価→改善

これがPDCAサイクルといわれるものです。

まずは行動までいきましょう。
行動すれば何かしら結果がでます。

大切なことは、結果がどうであれ
うまく進んでも、進まなくても自分を
責めないでください。

計画をたてて行動までした自分を
評価してください。

甘やかすと評価するのは違います。

自分を肯定してください。

この一連の行動は、お金を受け取ることと
つながってきます。

まずは一歩を踏み出してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました